静岡県商工青年同友会は、商工会青年部時代に培った知識、経験とネットワークを生かしながら、経営知識や行動力にすぐれた地域のリーダーとして、自らが積極的に困難な経営課題に挑戦し地域経済の発展と商工会事業の活性化の推進役となることを目指します。

がんばる地域のサポーター








 ★新会長に竹内彌能氏が就任しました。
 平成25年度通常総会が平成25年5月13日奥浜名湖商工会引佐支所で開催されました。
 任期満了に伴う役員改選により、土屋浩三会長が顧問に就任し、
竹内彌能氏が新会長に選任されました。

「命の糧である穀物でニッポンを、世界を元気に」をテーマに、巨島米穀店代表取締役の川島正光氏を講師に研修会を行いました。
★平成23年度 後期研修会を開催しました。
3月12〜13日にスパリゾ−トハワイアンズ(福島県いわき市)で後期研修会を開催しました。
講演 一山一家、再び立ち上がったフラガ−ル
講師:常磐興産株式会社スパリゾ−トハワイアンズ 
    営業部マネ−ジャ− 関根 一志 氏
内容:@「炭鉱」から「観光」へハワイアンズヒストリ−
    A地域とともに生きる。「点」から「線」、そして「面」へ
    B「フラガ−ル全国きずなキャラバン」ヒストリ−
 関根マネ−ジャ−より、地域活性化のポイントや、大震災後の東北復興の象徴として立ち上がったフラガ−ルダンシングチ−ム28名の全国きずなキャラバンの活動についてお話を聞きました。
 また、13日は、アクアマリンふくしまを視察し、復興までの道のりの説明を受けました。

★新会長に土屋浩三氏が就任しました。
 平成23年度通常総会が平成23年5月13日静岡県産業経済会館3階「大会議室」で開催されました。
 任期満了に伴う役員改選により、木下知世己会長が顧問に就任し、
土屋浩三氏が新会長に選任されました。
  総会終了後、会員研修会が開催され(株)PEER 佐藤 真琴 氏による「社会的事業としての美容室役割について」〜がん患者向け美容室ピア事業について〜と題して講演会が行われました。
★外山静岡県商工業局長と青年同友会役員との「さわやかタウンミーティング」が開催されました。
 平成22年8月27日、県産業経済会館で、県商工施策を統括する外山商工業局長、福永県経営支援課長はじめ県当局と青年同友会役員とのタウンミーティングが開催されました。
 これは、若手経営者の生の声を県政に反映させるため、地域や業界が抱える課題についてフリートークで意見交換しようというもの。
 木下会長から青年同友会の活動や地域商工業の課題について説明。県からは経営革新や6次産業化の推進についての説明を受け、県と各役員とで2時間にわたり活発な意見交換が行われました。
★青年同友会が静岡県商工会連合会の理事に就任しました。
 平成22年5月27日開催の静岡県商工会連合会通常総会で青年同友会代表として木下会長が理事に選任されました。
  これは、次代を担う青年同友会の意見を静岡県商工会連合会事業に反映しようというもので、県連合会・商工会の青年同友会への期待の表れです。

★平成21年度 会員研修会を開催しました。  
 
12月3日に静岡県産業経済会館大会議室で会員研修会が開催されました。
 
 講演 静岡県の商工労働支援施策について
     講師:静岡県産業部商工業局経営支援室 室長 樋口 博 氏

 講演 異業種連携が生む新たな可能性〜「経営革新事業」から「農商工連携」で新規事業を展開〜
     講師:西光エンジニアリング梶@代表取締役 岡村邦康 氏

     
詳細はこちら

★第1回役員会を平成21年7月31日に開催しました。
 静岡県産業経済会館6階の静岡県商工会連合会会議室で開催され、12月に開催予定の同友会会員研修会について概要が決まりました。
 日時 平成21年12月3日(木)14:00受付、14:30開始

  会場 静岡県産業経済会館3階「大会議室」 

 内容 @静岡県の商工労働支援政策の説明
    A農商工等連携、地域資源活用等成功事例発表
    B全青連OB(松村参議院議員、大全国商工青年同友会会長)講演

★創立総会を平成21年6月22日に開催しました。
 午後2時からホテルプリヴェ静岡ステ−ション(静岡市)で開催。41名(内委任状21名)が出席し、初代会長に木下知世己氏(初代静岡県商工会青年部連合会長)を選任。