有限会社イチマル | 静岡県商工会連合会
  1. HOME
  2. 【がんばる中小企業】新規紹介企業
  3. 有限会社イチマル(天竜商工会)

ブログ

    【がんばる中小企業】新規紹介企業

    有限会社イチマル(天竜商工会)

    私たちはこんな企業です!

    あなたの”マイスタイリスト” いちまる

    企業概要

    当店は昭和60年に創業した婦人服販売店であり、天竜区二俣のクローバー商店街に本店の『イチマル』とセカンドショップの『スタジオ・アイム』(以下『アイム』という)を運営しています。
    本店は経営者が店長を務め、60代以上の女性向けにスーツやワンピースなど比較的高品質な品揃えとしています。一方、『アイム』は長女が店長を努めており、40代~50代向けのニット、ブラウス、パンツなど比較的カジュアルテイストの単品を中心に販売しています。
    両店は道を挟んで店舗があるためストアコンセプトの違いを明確にして、異なる顧客層をターゲットにして仕入や販売も各店独自に行っています。お客様は地元の天竜区や浜北区の方が6割、それ以外の浜松市や磐田市の方が3割を占めており、また、御前崎市や湖西市までの間に年に何回か来店されるお客様もいらっしゃいます。
    ここ二俣地区は、山と川が近くロケーションも素晴らしいので、郊外型ショッピングセンターにはない非日常も感じながら訪れてくれるお客様の声も耳にしています。市街地と違ったゆとりあるお時間を過ごしていただくため、お客様一人ひとりと丁寧に接することが当店のコンセプトのひとつです。


    本店「イチマル」

    主力商品・製品・サービス

    当店は、長年培った高い知名度と経営者の経験及び築いてきた人間関係で顧客を維持しており、ブティックらしい店舗と高品質な品が支持され、シーズンごとに服を購入下さるリピーターのお客様を獲得しています。また、ハイセンスな品ぞろえと親切丁寧な接客、お客様一人ひとりの魅力を引き出すコーディネート提案を得意としています。
    お客様からは「センスのいい品が多い」、「ここに来れば上から下まで自分に合った洋服をコーディネートしてもらえる」との評価を頂いています。加えて、経営者の長女は、文化服装学院でファッションの基礎を学び、大手アパレルメーカーで企画・生産担当として4年間の実務経験があり、商品面でも展示会で10社以上の取引先から自身の目で単品発注を行い、さらにSNSでの情報発信も積極的に行っており、それが遠方の顧客獲得につながっています。
    その他、パーソナルカラーアナリストや骨格スタイリストなどの資格も保有しており、仕入の商品選定や接客に役立てています。  

    ファッションが大好きな悩める大人女子の皆様へ

    自分の個性を引き出すトータルコーデイネート提案を望むお客様、ライフスタイルに合った着心地のよい商品を探しているお客様、自分に似合うファッションを探しているお客様に、マンツーマンで1人ひとりにピッタリ合うファッションを提案いたします。

     


    セカンドショップ「スタジオ・アイム」

    所在地〒431-3314 静岡県浜松市天竜区二俣町二俣1335
    代表者名代表取締役  安間 富美子
    設立年月昭和60年8月
    資本金8,000千円
    従業員数3人
    業種婦人・身の回り品小売業
    主要製品等婦人服
    電話053-925-2553
    FAX053-925-2537
    ホームページhttp://ichimaru-tenryu.com/
    E-mailichimaru@beach.ocn.ne.jp

    私たちは商工会の支援を受けています

    支援を受けるきっかけ《企業の取り組み・挑戦と課題・相談したこと》

    創業より33年を経過し現社長で2代目。現社長は今年で73歳と高齢化しており、後継者の長女が事業承継するにあたり引き継ぐ方法や時期について商工会に相談しました。この相談を機に専門家派遣で事業引き継ぎのメリット・デメリットの指導や持続化補助金によりホームページや看板の作成を行い、ターゲットを絞った新規顧客獲得のための挑戦を行いました。今後は来期を目途に事業承継を行う目標を掲げ、さまざまな支援メニューを活用して円滑な経営と事業展開を行って、後継者の長女のコンセプトである「一人ひとりの”マイスタイリスト”」になるべく挑戦を続けていきたいと思います。

    支援・提案を受けてよかったこと《支援計画・支援内容》

    事業承継の課題はここ数年家族間で話し合いを行ってきましたが、具体的な解決策が見つからず、商工会へ相談したところ、専門家に相談する提案を受け、当店の課題を洗い出し的確なアドバイスいただきました。この結果、来期の決算時に向けて事業承継を進めることとなりました。また、商工会の紹介による記帳のみならず、多方面で相談できる新たな税理士と顧問契約を結ぶことになり、新体制が整いました。これにより、接客面と経営面の両面からの事業強化に繋がり、今後の事業展開に大きな期待がもてました。

    活用した施策

    専門家派遣による個別指導/補助金・助成金の活用支援/指導員の巡回や電話等での経営相談

    専門家

    中小企業診断士  北川 裕章
    税理士  森田 太郎
    ITコーディネーター  川野 太

    現状と将来のビジョン《支援の成果等》

    後継者が中心となり、専門家派遣や持続化補助金を活用して新たな取り組みを行うことで、次期社長としての意識とやる気が芽生えました。今後はSNS等の情報発信はもちろん、地元特産品や観光PRコーナーも増設して情報発信とさらなる集客アップを図りたいと思います。そして、お店を繁盛させることで地域の活性化に貢献できる企業としていきたいです。

    商工会名

    天竜商工会

    担当指導員名

    経営支援員  松川 淳子

    関連記事