経営革新

消費者ニーズの多様化、価格競争の激化、情報化や国際化の進展など、経営を取り巻く環境が変化していく中、企業も時代にあった新商品の開発または生産、新サービスの開発、提供など経営革新に取り組んでいかないと、企業の成長は難しい時代になっています。

経営革新とは、次に掲げる取り組みのいずれかを言います。

  • 新商品の開発又は生産
  • 新サービスの開発又は提供
  • 商品の新たな生産又は販売方式の導入
  • サービスの新たな提供方式の導入
  • 上記の組合せ、その他の新しい知恵と工夫

※「新」「新たな」は個々の中小企業にとっての新しい取り組みです。

経営革新に取組み、策定した経営革新計画の承認を県から受けると国や県から様々な支援を受けることができます。 何かやってみたいがどういうことができるか見えない、アイデアはあるが経営革新計画をどのように立てていったらよいか分からない、といったご相談に商工会はお応えします。

  • ビジネスプランの作成や見直し方法について体系的に学ぶことができる経営革新セミナーを開催します。
  • ビジネスプランの作成、経営革新承認申請書類の作成へのトータルサポートを実施します。
  • 経営指導員が、様々な問題のご相談に応じます。
  • 必要に応じて、中小企業診断士など専門家を派遣し、経営分析や対策指導を行います。

こんなアドバイスが受けられます

  • 経営革新計画の作成支援
  • 新分野進出に関すること
  • 新製品の開発、新たな生産活動やサービスへの取り組みに関すること
  • 新事業に関わる特許、商標登録等に関すること
  • 新規取引先の開拓に関すること
  • 経営革新計画承認企業に対する国等の支援策などの活用に関すること

経営革新計画の承認後、事業の実現を円滑にするため専門家によるフォローアップ支援も行っています。

  • このページの先頭に戻る
  • 前のページに戻る