雇用手続きと労働保険

煩わしい労働保険の事務処理を商工会がお手伝いいたします!!

労働保険の加入手続きはお済みですか?

労働者を一人でも雇用している事業主は、業種のいかんにかかわらず、すべて労働保険に加入しなければなりません。
労働保険の手続きが煩わしいとか、手不足のために労働保険の事務処理に困っておられる事業主の方々には、是非、労働保険事務組合への事務の委託をおすすめします。
最寄りの商工会へお問合せ下さい!! 労働保険事務組合は厚生労働大臣の認可を受け、事業主の皆さんに代って公共職業安定所、労働基準監督署への労働保険関係の事務手続き(委託事業主の労働保険料の申告、納付、各種届け等)を委託事業主にかわって行います。

労働保険とは

「労災保険」と「雇用保険」の総称で、保険給付は両保険で別個に行われていますが、労働保険料の徴収等については、両保険は労働保険として、原則的に、一体のものとして取り扱われています。労働保険は、農林水産の事業の一部を除き、労働者を1人でも雇っていれば、その事業主は加入手続を行い、労働保険料を納付しなければならないことになっています。

労働保険に加入するには

所轄の労働基準監督署などに「保険関係成立届」を提出し、保険料の申告、納付を行います。労働保険への加入は、労働保険事務組合に労働保険事務の処理を委託すると便利です。
労働保険事務組合に委託すると、優遇制度(1.事業主や家族従事者の労災保険への特別加入、2.労働保険料の分割納付)も受けられますので、労働保険事務組合を通じての労働保険への加入をお勧めします。

事務委託メリット

  1. 事務組合が一括して事務処理をするので、事業主の事務処理が軽減されます。
  2. 事務組合に事務委託すると、通常労災保険に加入することができない事業主や家族従業員も、労災保険に特別加入することができます。
  3. 保険料の納付には金額の多少に関係なく3回の分納ができます。
  4. 保険料の納付にはコンピュータシステムによる計算や自動振替も利用できます。
  5. 社団法人全国労働保険事務組合連合会が独自に創設した「労保連労働災害共済」安い掛金で大きな補償の労災保険の上乗せにも加入することができます。事業主はもとより、従業員とその家族の労働福祉の充実が図られます。
  • このページの先頭に戻る
  • 前のページに戻る